◆Tweak(トゥイーク)の活動に関して

Q.クラブのトランポリン練習は、曜日が決まっていますか?

A.Tweak(トゥイーク)の練習は、中央区総合スポーツセンターの利用予約が確保出来た日程で練習活動をしてます。目安として、水曜日の夜間(18~21時)と土・日の昼間(13~17時)か夜間(17時30分~21時)で、月に3~5回、年間では45~60回の練習日数となります。

最新のトランポリン練習日程は、こちらでご確認下さい。→ 練習日程

Q.スポーツセンターの利用予約とは、トランポリン練習の参加予約ですか?

A.練習参加は、練習日程を確認して希望日の連絡をもらえれば、参加可能です。センターの利用予約とは、中央区総合スポーツセンターが中央区の公共施設のため、Tweakメンバーが3ヶ月前に施設使用の予約申し込みをすることです。同日に複数の団体が利用を希望した場合は、抽選などで使用団体が決定されます。

Q.スポーツセンター以外でも練習はしていますか?

A.他のクラブの練習に参加(乱入)したり、スポーツクラブの成人トランポリン教室への参加、その他スポーツクラブのトランポリンをお借りして練習を行っています。通常練習以外の日程は、練習日が確保でき次第、皆さんにお知らせしてます。その他に毎年7月か8月に1泊2日でトランポリン(強化、温泉)合宿も行っています。

Q.仕事の都合で練習の開始時間に間に合わないのですが?

A.仕事がありますので来られる時間で参加してもらって大丈夫です。メンバーも社会人ですから遅れて練習に参加されたり、次の日の都合で早く帰られたりしてます。ただし、練習開始前の台出し準備や練習終了後の台の片付けなどのお手伝いは、お願いします。練習に遅刻してきて早退し、準備も片付けもしないことは、ご本人の良心にお任せします。

Q.トランポリンクラブには、どんな人達が参加されてますか?

A.メンバーは、18~68歳の約60名以上の方が登録されています。通常、練習に参加される方は、5~15名程度です。メンバーは、種々雑多な社会人の方が参加されています。器械体操やトランポリンの経験者や元選手の方、他のスポーツやダンスのトレーニングのための方、まったくのトランポリン未経験の方、何となく楽しくて参加している方などがいます。目的も目標も自由に参加されてます。ただ、共通して言えるのは、皆トランポリンで跳ぶのが好きな人達です。

トランポリン ストラドル素材

Q.Tweak(トゥイーク)主催以外のトランポリン競技大会には、参加出来ますか?

A.参加者本人の希望と意志次第で参加出來ます。トランポリン競技大会には、全日本クラスからローカルの地域クラブ単位の競技大会と色々あります。全日本クラスは、日本体操協会(旧日本トランポリン協会)への選手登録が必要ですし、競技検定に合格しないと出場が出来ません。各地域協会主催の大会には、選手登録が必要な競技大会もあります。それ以外に地域クラブのローカル大会への出場などは、申し込みをすれば出場することが出来ます。Tweak(トゥイーク)では、外部の競技大会への参加を推奨しますが、強制はしていません。

Q.レクレーション系のトランポリン練習希望者にも大会出場を勧めますか?

A.大会出場は、お勧めしてます。練習の中で色々な技を習得され、その技のお披露目発表会としてエントリーを勧めています。大会は、競技審判の公正な目で自分の技を評価してもらえるチャンスです。それと、頑張れば表彰台が待っています。後は、他のクラブの人達の演技を見ることも良い刺激と勉強になります。

Q.選手登録とは、何ですか?

A.日本体操協会(旧日本トランポリン協会)へトランポリン選手としての登録を行うことです。毎年度の登録が必要で有料(年額:5,500円)です。選手登録には、協会に団体登録したクラブに所属する必要があります。Tweak(トゥイーク)は、平成25年度現在、団体登録済みです。

Q.練習以外に参加する行事は、ありますか?

A.Tweak(トゥイーク)は、中央区トランポリン協会に所属していますので、協会の行事や中央区のスポーツ関連イベントのお手伝いがあります。新入会の方にもお手伝いをお願いしてます。

Q.参加する行事(イベント)は、どんな行事がありますか?

A.クラブでのイベントは、年2回のトランポリン競技大会の開催運営が有ります。その他、下記のイベントが毎年予定されています。

>中央区トランポリン協会主催

  ・春の中央区大会とトランポリンオープン大会【山田杯】への参加と運営

  ・秋の中央区体育大会のトランポリン競技会への参加と運営

  ・冬にトランポリンフェスタ開催運営

>中央区子どもトランポリンクラブ主催

  ・子どものトランポリン技術指導(月1~4回)

>中央区体育協会主催

  ・年2回の子どもトランポリン体験教室指導

>中央区総合スポーツセンター主催

  ・5月3日開催のスポーツセンター区民の日  トランポリン体験指導

>中央区役所主催

  ・体育の日に開催される区民スポーツの日  晴海総合高校グランドでジャンボトランポリン体験指導

>東京都渋谷こどもの城主催

  ・トランポリン体験指導(1~2日間)

>各地域のトランポリン協会やクラブ主催

  ・大会運営のお手伝いと、そのサポートなど

Q.クラブの規則や規定は、ありますか?

A.会員規定は、制定されています。その規定は、年1回の総会で見直しを行ったり、運営の話し合いを行っています。ただ、2011年3月11日の東日本大震災以降、体育館の節電対応で利用方法が変更になり、現状は臨時の規定で運用しています。

Q.クラブの会計は、明確になっていますか?

A.クラブの収入(入金)は、メンバーの参加費・会費・協会のお手伝い補助金などです。支出は、体育館の利用料・指導者への謝礼・大会参加費の補助などです。クラブの会計報告は、年1回の総会で報告し予算や使用用途の話し合いを行っています。

Q.トランポリンの危険性をどう考えますか?

A.トランポリンに限らずスポーツをする時は、必ずそのスポーツに伴う危険性があります。その危険を完全に排除すると、そのスポーツを行う意味が無くなります。ですから、そのスポーツが持つ危険性を「スポーツ本質的な危険」といい、そのスポーツに参加する人は、その本質的な危険を前もって承知していることが前提となります。参加者は、その危険に対して「危険の同意」をされていると見なします。

Q.宙返りの危険性についてどう考えますか?
A.トランポリンで宙返りの練習を始める時点から脊髄損傷事故という最大の危険がつきまといます。宙返りの練習方法を間違えば勿論のこと、正しく練習を積み重ねても、スポーツに挑戦する以上、怪我や事故が起こらないとは言い切れません。宙返りの練習をするということは、常に危険性が背中合わせにあると考えます。